工事しない業者ばかりが儲かるこの業界はおかしい。

末端の職人の愚痴に聞こえるかもしれませんが、建設業界の多重中抜き構造は深刻です。工事も何もしない業者が右から左で利益だけを吸い上げます。

もちろん原資はお客様の懐です。

頼む業者を変えるだけで同じ工事が30万も50万も安くなるのなら、みなさん安い方を選ぶと思います。

しかし、情報弱者と呼ばれるほとんどの消費者が高い業者に依頼をする現実があり、それはハウスメーカーやホームセンターなどの直接施工をしない業者の売上高を見れば一目瞭然です。

また、建設業界にもフランチャイズビジネスが浸透して来ましたが、あれも一種の中抜き構造です。

いわゆる看板代や広告宣伝の手法を教える事で対価を得るわけですから自ずと施工店の経費は増大する一方です。

昔から変わらない訪問販売も営業マンに多額のインセンティブを支払うことで仕事を獲得します。

集客にお金をかける会社ほど、施工を下請けに任せる会社ほど、経費が増すのは当然です。

わかってはいるけど変わらない。消費者が賢くならない限りこの現状は当分続く事でしょう。

雰囲気に惑わされずに無駄な経費を省きましょう。

上記の話をした時に、メーカーに頼むと安心とか、有名なお店だから安心という方も多数いらっしゃいます。

私は有名なだけでうん十万もの大金は払えません。

なんならそういった下請けに仕事を投げる会社は工事すらしない訳で、結局工事をするのは無名な屋根工事業者な訳ですから尚更です。

しかし、私は部外者な訳ですから言葉に強制力は一切ありませんし、矯正するつもりもありません。

私の知り得る情報をお伝えすることはしますので、その上で判断するのも、損をするのも得をするのも消費者の方だと思っています。

困った時はいつでもお声がけ下さい。

PAGE TOP